趣味、猫を中心にくだらないことをなんとなく
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by SCENE5
ランキング参加中 よろしければポチッとください→ にほんブログ村 猫ブログへ
猫ブログs.com
 
[スポンサー広告
ちびまるこ
marumukashi.jpg


まることの出会いは2005年12月

まだ私が一人暮らしをしていた頃。


用事で車を停めたスーパーの裏に猫が数匹捨てられていました。

白黒が2匹くらいとキジトラが1匹。


何度か立ち寄るたびにキジトラはひとなつこくついてきました。

キジトラは1匹だけひときわ小さく、他の猫と兄弟とは思えないほど。

ヘドロのような汚れがついていて異臭を放ち、とてもキレイとは言えない状態でしたが、私はなぜか

「ムム、こいつはカワイイ」

と思ったのでした。

しかし私はアパート住まい。

飼えるわけもなく放っておくしかありませんでした。


しかしその後しばらくしてもう一度立ち寄った際、

キジトラはコキタナさに一層磨きがかかり、ハナをたれ、衰弱しているのでした。

「風邪でもひいたか?この寒さではこのままま死んでしまうのでは?」

「しばらくウチで保護しながらもらい手をさがそう。」

そう思った私は車にキジトラを放り込み(←乱暴)、テイクアウトしてしまったのでした。

marumukashi2.jpg

そして、家にキジトラを連れ帰って早速風呂で丸洗い。

しかしニヲイはなくなったがハナはたれたまま。

しきりにくしゃみを繰り返し、周囲にしぶきをまき散らすサービスまでしてくれます。

たまらずカミさん(予定)に紹介してもらった動物病院に行き、注射と薬を。

(拾ったと言ったら料金タダでした)

「おとなしい猫ですね。この大きさだと2ヶ月くらいかな?」

病院でそう言われましたが、それは勘違いであることは後で判明するのでした...


ちなみに診察カードに猫の名前を書いてくれと言われましたが、

名前なんて当然付けているわけもなく、テキトーに書いたのが

“マル”

しかしそれはあくまでその場しのぎで、

しばらくウチでは名無しのキジトラのままでした。

06-03-01_01-03.jpg

後半へつづく
スポンサーサイト
Posted by SCENE5
ランキング参加中 よろしければポチッとください→ にほんブログ村 猫ブログへ
猫ブログs.com
comment:2   trackback:0
[生い立ち]  theme:猫のいる生活 - genre:ペット
ニャンタがウチにやってきた その2
つづきです


さて、ニャンコをさらいもらいに行く当日

トーチャン(サブちゃん似)はもう ルンルン状態

キャリーケースまで買ってきて準備万端、やってきたのでした


そして6匹の中から悩んだ末選ばれたのが

にゃんたくん(まだ名無し)

6匹の中で一番大きく、明るく積極的、物怖じしなそうなネコでした


もらってすぐのにゃんた↓
doko.jpg
さすがに不安そう


dare.jpg
トーチャンです


mama.jpg
ママはもういませんよ ウヒヒ...
これからはカーチャンがママです





その後カーチャンは家族みんなにメールで名前を公募

後日、みんなの意見が反映されているのかよくわからない名前を通知してきました

「前が "ニャー助"だったから 名前は "ニャン太郎"  通称 "にゃんた" になりました」


なんつうセンス(←ひとのこと言えない)

......まぁ いいや...

そんなわけでにゃんたが我が家の一員になったのでした


よろしく
kowai.jpg
初日のにゃんた↑
初めての場所と人間たちにビクビクしてます



まるこについてはまた後日...




Posted by SCENE5
ランキング参加中 よろしければポチッとください→ にほんブログ村 猫ブログへ
猫ブログs.com
comment:2   trackback:0
[生い立ち]  theme:猫のいる生活 - genre:ペット
ニャンタがウチにやってきた
にゃんたがやってきたのは2005年10月のこと

先代の猫 ニャースケ が突然死してから2年ほど経っていたでしょうか
しばらくはネコなし状態が続いていました

nyasuke.jpg
在りし日のニャースケ




そんな折、ヨメさんの実家のお隣で仔ネコが6匹産まれたのです

kitties.jpg

当然両親にも飼わないかと聞いたのですが

「超ネコ好き」トーチャン(北島サブちゃん似)も

「自称ネコ嫌い」のカーチャンの手前、

もらうとは言えずにいたようです


しかし、二人の機嫌の良い時に

ダメもとでもう一度聞いてみたら

「もらおうかなぁ」という雰囲気に

カーチャンも意外にまんざらでもない様子

(ニャースケが死んでさみしかったのだろうか)


そんなわけでトントン拍子に話は進み

さっそく翌週もらいに伺うことになったのです

その時点ではまだどの子をもらうかは決まってませんでした

kitties2.jpg

生後3日目のにゃんた
nyanbirth.jpg
次回へつづくっす


Posted by SCENE5
ランキング参加中 よろしければポチッとください→ にほんブログ村 猫ブログへ
猫ブログs.com
comment:2   trackback:0
[生い立ち]  theme:猫のいる生活 - genre:ペット
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。